女の子へ贈るランドセルを選ぶコツ|子どもの好みにしま専科

贈り物

女の子の成長を願う

ギフト

日本にある古めかしい風習の中にある羽子板は、女の子の成長を願うものだと言われています。羽子板の裏面には、和装を着床した女の子が施されており、その配色は色鮮やかなものでしょう。黄色や赤、橙色、桃色など、女の子らしい色が豊富に用いられているのです。創業され長年の経歴を誇る人形店では、昔から職人の手作りで羽子板の一つ一つを手がけているものです。魅力あるデザインは、なじみ客から新規客にまで高い人気を誇っているでしょう。近年は、特に女の子に気に入ってもらいやすいように、オルゴールを内蔵するなど、近代らしい工夫がされています。手作りの為、施されている女の子の表情も一人ずつ異なるので、実際に手に取り、自分の好みとなる羽子板を選ぶのも楽しい時間となるでしょう。

羽子板を成長祈願として、祖父母から女の子へ贈られるケースが一般的になってきています。羽子板は、初正月をお祝いする意味合いも込められており、12月の中頃から飾るものだとされています。マナーとしては、贈ってきた相手を年明けに自宅へ招き入れ、おせち料理などでおもてなしをすることがお返しとなります。

現代の羽子板は、飾りケースに納められていることが多いので、ほこりもつかず、しまう際には傷付く心配もないのでとてもありがたいものです。サイズとしてはそう大きな物ではない為、飾るスペースに困ることはありません。家族から贈られてきた羽子板は、基本的に初正月のみ飾るものですが、記念として残しておくといいでしょう。